インビザライン矯正歯科ホワイトエッセンス
デンタルクリニック成城

インビザラインで治療可能な歯並び

インビザラインで治療可能な歯並び

乱ぐい歯、出っ歯、すきっ歯、受け口、前歯が咬めない、あごのズレなどは虫歯や口臭、歯周病、あごの疲れ、歯の磨耗につながります。
これらの症状はインビザライン(マウスピース矯正)で治療が可能です。

乱ぐい歯(叢生そうせいOverly Crowded
日本人に一番多いタイプの歯列不正です。
アゴが歯に比べて小さい、もしくは歯がアゴに比べて大きいと 歯とアゴのサイズがアンバランスになり、歯がアゴの中に キレイに収まることができずにガタガタな歯並びになります。放置しておくと、年齢を重ねるうちにガタガタは大きくなります。曲がった歯は歯垢が蓄積しやすく、虫歯や歯周病にかかるリスクが非常に高くなってしまい、健康的ではありません。また、見栄えもよくなく、口を開けて笑うのをためらいます。
出っ歯(過蓋咬合かがいこうごうOverly Bite
上アゴが大きい、または下アゴが小さい場合、上下のバランスがくずれてしまい、見た目には「出っ歯」の状態になります。
前歯が出ていると、唇が閉じれない状態の方も多いです。
このタイプの歯並びは、前歯が噛み合わないことが多く、奥歯が通常よりも強く負担を受けることになります。それが原因で、 歯周病や顎関節症が発症することも少なくありません。
早めに治療を受けることをオススメします。
受け口(反対咬合はんたいこうごうUnder Bite
上アゴが小さい、または下アゴが大きい場合、上下のバランスがくずれてしまい、見た目には「受け口」「しゃくれ顔」になります。
下アゴが前に出ていると、見栄えが悪くなる他、発音障害が 起こることも多いです。かみ合わせが原因で無理やりアゴが前に出てしまっている状態の場合は、歯が異常にすり減り、 顎関節症が発症することも少なくありません。注意が必要です。
すきっ歯(空隙歯列くうげきしれつGapped Teeth
生まれつきアゴの骨のサイズが大きいか、歯のサイズ 小さい場合、歯と歯の間にすき間が空いた状態になり 見た目には「すきっ歯」となります。すき間が多いと 見た目にも悪いどころか、年齢を重ねるにつれて、歯が 大きくいどうしてしまう可能性も出てきます。
また、歯石などがたまりやすい状態になるので、歯周病などのリスクが非常に増加します。
前歯が咬めない(開口かいこうOpen Bite
口を閉じた時、奥歯のみが接触して、前歯がかみ合わない状態を「開口」と呼びます。遺伝的な要因でなることも ありますが、ほとんどの原因は小さい頃の指しゃぶりです。
食事のたびに奥歯だけに大きな力がかかるため、痛みを 伴ったり、重度の顎関節症を起こす可能性があります。
また、開口の方のほとんどに発音障害が見られます。
あごのズレ(交叉咬合こうさこうごうCross Bite
上アゴと下アゴの両方にズレがある場合、上下の歯を 噛み合わせた時に、アゴの位置が大きくズレます。
この場合、上と下の歯が正常に噛み合うことができず 歯に大きな摩耗が生じたり、歯を支えている骨が過剰負担で失われたり、難治性の歯周病を引き起こすことがあるので矯正治療が必要です。

インビザラインでの治療が難しい方

  • 手術が必要なほど、骨格に大きなズレがある方
  • 歯周病に罹患している方
  • インプラント(人工歯根)が多数入っている方
  • 大きなブリッジや多数のセラミック(前歯がすべてセラミックなど)が入っている方

インビザライン治療の進め方

このページのトップへ