インビザライン矯正治療
ホワイトエッセンス
成城クリニック

インビザライン治療の進め方

1回目無料カウンセリング 60分
担当医が直接、現在の歯並びなどのお悩みや、ご希望などをお伺いします。現在の状況に合わせた、いくつかの治療方法をご案内します。
自分と同じような症状の治療例や、サンプルなどを見て頂くこともできます。
実際にインビザラインで治療中のスタッフが数名いますので、マウスピースを装着した時の外見や、会話の聴きやすさなどを直接、自分の目で確かめてください。
わからないこと、不安なこと、聞いてみたいこと、なんでも結構ですのでご相談ください。
お帰りの際に、治療費の見積書を発行致しますので、ご参考にしてください。
2回目精密検査 60分
レントゲン撮影・写真撮影・虫歯、歯周病の有無、歯や顎のサイズ計測などの精密検査を行います。痛みを伴う処置は一切ございませんのでご安心ください。

※検査の際、虫歯が見つかったり、親知らずの抜歯が必要であったりした場合は、矯正治療開始前に処置を済ませる必要があります。それらの治療も同時進行できますので、ご安心ください。

3回目3-D シミュレーションの確認 30分
精密検査で得られた検査結果を基に、実際に作られた歯型を3-Dスキャンによりデータ化します。その後、専用ソフトを用いて上下 前後左右360°あらゆる角度から見ることができる3-D シミュレーションを作成致します。
動画で治療過程を見ることができ、完成イメージも見ることができます。
また、ご希望により2~3パターンのシミュレーションも同時作成できるので、比較検討も可能です。治療に入る前に、完成予想図を一緒にご覧になって頂き「前歯をもっとこうしたい」などのご要望がありましたら 修正を加え、ご要望にできる限り沿えるよう進めてまいります。
4回目マウスピース完成 / 治療スタート 30分
インビザラインの場合は、シミュレーションを元に、治療用のマウスピース(アライナー)を作成します。
2週間おきに交換するため、通常で40~60個程度のマウスピースができあがります。マウスピースは、はじめから最後までの分がすべて出来上がってきます。
マウスピースが完成したら、使用上の注意などを説明し、マウスピース着脱の練習を一緒に行います。最初は1個のみお渡ししますので、2週間使用してもらって問題がないか確認してもらいます。ご帰宅後、使い方がわからないなどのご質問がある場合は、電話でもご対応しますので、お気軽にご利用ください。
5回目歯のクリーニング / アタッチメント装着 60分
2週間後に1度来院していただきます。 きちんと使えてるかどうか確認し、問題がなければ歯のクリーニングを行います。
アタッチメントが必要な場合は、この時、歯に接着をします。これ以降は2~3ヶ月に1度の定期チェック+調整になりますので、マウスピースをまとめて4~5個ずつお渡しします。

※マウスピースをまとめて全て欲しい方は、担当医にお問い合わせください。紛失した、番号を間違えて装着した、などのトラブルが起きる可能性があり、それらを未然に防ぐためにも基本的には院内で保管させていただいております。

6回目定期チェック 15〜30分
2~3ヶ月に1度、定期的にご来院していただきます。
  • 歯の移動は予定どうりにすすんでいるか確認
  • マウスピースの微調整
  • 虫歯・歯周病の有無の確認

※来院時には、歯のクリーニングをお受けください。

終了アタッチメント除去 / リテーナー
すべてのマウスピースを使いきり、歯並び・かみ合わせが治りましたらアタッチメントを取り除きます。
その後、歯の後戻り防止用マウスピース(リテーナー)を作成し、歯が移動してしまわないように、一定期間リテーナーを使用していただきます。
この後しばらくは、3~6ヶ月に1回ぐらいで定期検診にご来院頂きます。

インビザラインを使った生活

■矯正治療に関しての表記

【治療内容】

カスタムメイドで制作されたマウスピースを定期的に交換しながら少しずつ歯に適切な力をかけて歯並びを整えていく矯正治療です。

【標準的な費用(自費)】

インビザライン 363,000円~ 803,000円(税込)検査料込

【治療期間及び回数】

症状や治療方法によりますが、一般的に2年前後の治療期間となる方が多いです。
通院回数は2~3ヶ月に1回です。

【副作用・リスク】

  • マウスピースの装着時間が少ないと治療期間が長引く可能性があります。
  • 他の矯正治療法と同様に、疼痛・歯根吸収・歯肉退縮の可能性や適切な保定をしないと治療後に後戻りすることがあります。

【医薬品医療機器等法(薬機法)に関する記載事項】

  • インビザライン完成物は、日本国内において薬機法未承認の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。尚、インビザラインの材料自体は、日本の薬事認証を得ています。
  • 「インビザライン」は米国アライン・テクノロジー社の製品の商標であり、インビザライン・ジャパン社から入手しています。
  • 日本国内においては、同様の医療機器が薬事認証を得ています。
  • インビザライン・システムは、世界100カ国以上の国々で提供され、これまでに900万人を超える患者さまが治療を受けています。(2020年10月時点)

このページのトップへ